• ホーム
  • 病院でもらうカンジダ薬も市販薬も中身は同じ?

病院でもらうカンジダ薬も市販薬も中身は同じ?

2019年06月26日
患者を診ている医者

カンジダは常在菌ですので、免疫力が落ちてしまうことで誰もが発症する可能性があり、再発を繰り返すことも多いため、治療薬には病院でもらうものだけではなく市販薬もあります。
しかし、ここで気になるのがこの二つの中身が同じなのか、ということでしょう。

まずカンジダによく処方される薬の代表的なものは膣剤となっており、エンペシド膣錠、オキナゾール膣錠、フロリード膣坐剤などが挙げられます。
これらはどれも違う成分の薬なのですが、エンぺシド膣錠はエンペシドL、オキナゾール膣錠はフェミニーナ膣カンジダ錠、フロリード膣坐剤はシュトガードといったように市販薬でそれぞれに対応するものが販売されています。
またクリーム系では、フロリードDクリームやアデスタンクリームが処方されることがありますが、これにもメディトリートクリーム、フレディCCといったように対応する市販薬が存在しています。

ここで気になるのが、成分量や効果に違いはないのか、ということでしょう。
結論からいえば、上述したカンジダ治療薬は処方されているものと市販されているもので成分量の違いはありません。
例えば、エンペシドLには1錠中にクロトリマゾール100mg、フェミニーナ膣カンジダ錠にはオキシコナゾール硝酸塩100mg、シュトガードにはミコナゾール硝酸塩腟坐剤100mg、メディトリートクリームにはミコナゾール硝酸塩1%クリーム、フレディCCにはイソコナゾール硝酸塩1%クリームが配合されています。
これらは全て対応している処方薬と全く同成分となっていますので、つまり、効果も同様に期待できるのです。

ただし、カンジダ治療薬には、ジフルカンカプセルといった内服薬もあります。
これは市販されていないため、医師から処方してもらうしかありません。
外用薬は膣深部に投入したり、クリームを塗布する手間がかかりますが、内服治療であれば1回1錠経口投与するだけですので、こうした治療を受けたい場合は医師の診察を受けることが必要です。

市販のカンジダ薬を使うときの注意点

市販のカンジダ薬を使う場合の絶対条件として、これまでに医師からカンジダという診断を受けて、治療を受けているということがあります。
ですので、カンジダかもしれないという自己診断では市販での購入はできませんので注意が必要です。

また条件にあてはまっていても、どこのドラッグストアでも購入ができるわけではありません。
カンジダの治療薬はどれも第1類医薬品となりますので薬剤師がいるドラッグストアでしか販売されていません。
薬剤師が常駐していればいいのですが、時間帯や曜日によっていない場合は、そのあたりも確認しておくようにしましょう。

薬を使う際の注意点は、当たり前ですが使い方を間違えないことです。
まず使う前には患部をぬるま湯などで清潔にすることや薬を挿入しますので患部に触れる手指もしっかり洗浄しておくことが大切です。
もちろん挿入後は手指をよく洗うようにしましょう。

膣錠の場合、膣に挿入したあと薬の成分が広がっていくのですが、体を起こしているとそれがもれてしまう可能性があるため、基本的には就寝前に使うことが推奨されています。
クリームタイプでは、早く治したいからと塗り過ぎないように注意しなければいけません。

また基本的にカンジダを治療する場合は、それ以外の薬を使ってはいけません。
特にステロイドが配合されているようなかゆみ止めはカンジダの症状を悪化させたり、治療を遅らせる原因となるので、絶対に併用は禁止です。

こうしたことを守って使えば、治療効果を発揮することができるのですが、もう一つ注意したいのが副作用です。
購入する際にも副作用の説明を受けるはずですが、もしも、使っていてかゆみや発疹・発赤などが現れた時は使用を中止して、医師の診察を受けるようにしましょう。

関連記事
エイズとHIVは違う?

エイズやHIVは混同する人が非常に多いと言えます。確かに原因となるウイルスは同一であるため、時系列で見れば同一線上にあることは間違いありませんが、厳密に言うと両方の病気は異なっているのです。正しい知識を有していないがために、仮に感染しても適切な処置をするまでの時間が遅れてしまい、死亡の転帰を辿ること

2019年09月18日
性行為をしなくてもカンジダになることがある?

カンジダ症という病気を知っていますか?カンジダ菌が増えることによって様々な身体の部位に不快な症状が出る病気です。カンジダ菌は人間の身体にいる常在菌で、普段はとくに症状が出ることはありません。ですが、何らかの原因によってカンジダ菌が増殖すると炎症やかゆみなどを引き起こします。女性の外陰部に起こる「カン

2019年08月13日
カンジダ治療中に注意することがある?

カンジダは真菌というカビの一種によって引き起こされる病気です。女性のカンジダ膣炎は有名ですが、この菌は男女ともに関係なく口の中などに存在します。カンジダ膣炎は、カンジダ菌が膣内で繁殖した状態で、膣だけでなく外陰部のかゆみやおりものの変化など目に見えての変化が起こります。これらの症状があり、病気が疑わ

2019年08月30日
カンジダにはフルコナゾールが効く?

膣カンジダ症はカンジダ菌という真菌によって炎症が起きている状態です。この菌は健康な人の皮膚や粘膜などにも常在しています。何らかの原因で膣内にカンジダ菌が異常に増えると膣カンジダ症となります。この病気は一旦治癒してもホルモンバランスが崩れたり免疫力が低下したりすると再発する可能性が存在します。体内の常

2019年07月27日
カンジダには市販の漢方薬がおすすめ

性病の中でもカンジダは発症するケースが多いです。強烈な痒みと女性ですとカッテージチーズ状のおりものが出ることで感染していることに気づくことが多いのですが、その痒みは初めての方ですと本当にびっくりするぐらいのかゆさです。男性でもカンジダになるため同様に痒みを感じることもありますが、おりものはでませんの

2019年07月07日