• ホーム
  • 帯状疱疹とヘルペスの違い

帯状疱疹とヘルペスの違い

2019年11月13日

帯状疱疹もヘルペスも、お肌に水ぶくれができるため同じような病気だと思っている人が多いです。
しかし、それぞれの病気は原因が異なる病気で、治療方法も変わってきます。

まず、ヘルペスですがヘルペスウイルスを原因とした病気で、ウイルスによる感染でお肌に水ぶくれができます。
ヘルペスウイルスは地球上に160種類ありますが、その中でも人間に感染するものは8種類あります。
口などの上半身にできるものは1型、性器など下半身にできるものが2型と呼ばれているのが特徴です。

ヘルペスの症状は口元や性器によく見られますが、全身どこにでも発症する可能性があります。
しかも、1度治ったと思っても完治することはありません。
成人の頃には誰もが体内にヘルペスウイルスを持っていると言われるほどで、再発を繰り返す病気です。
初めて感染した時の症状が1番重く、再発してからは軽くなる傾向がヘルペスにはあります。

一方、帯状疱疹は水痘帯状疱疹ウイルスが原因で起こります。
このウイルスは水疱瘡の原因ともなるもので、水疱瘡になった際にウイルスが神経の中に入り込み、免疫力が低下した時に増殖して帯状疱疹を発症するのが特徴です。

また、帯状疱疹は体の右か左のどちらかに、まるで帯をまいたのかのように水疱ができます。
水疱瘡のウイルスがどこの神経にいたのかで左右が変わり、1度症状がでると再発はしにくいです。
水疱が出来る前や出来た後などに強い痛みを発生することもありますが、発症してから早めに薬を飲むことで痛みを軽減できることがわかっています。

治療は抗ウイルス薬を使用します。
ヘルペスの場合は抗ウイルス薬が入った軟膏などを水ぶくれのある部位に塗ることが多いです。
帯状疱疹の場合は、バルトレックスなどの飲む抗ウイルス薬を使用します。
水ぶくれの数が多い場合などでは、ヘルペスでもバルトレックスを使うことがありますが、抗ウイルス薬なので同じような効果を得ることができます。

ヘルペスになる主な原因は感染者との性行為

ヘルペスになる原因はいくつかありますが、その中でも感染者との性行為でうつるものが多いです。
特に2型ヘルペスウイルスは性器などの下半身が原因となるウイルスで、性器ヘルペスとも呼ばれています。
この病気になると、性器にかゆみや痛みを感じたり、水ぶくれができるのですぐに分かるでしょう。
太もものリンパ節が腫れたり、女性の場合は排尿時に痛みを感じることもあります。

ただし、ヘルペスは性行為をしてからすぐに発症する場合と、そうでない場合に分けられます。
長いと数十年後に症状が出たというケースもあるほどです。
潜伏期間もあるので、自分がヘルペスにかかっているとはわからない段階でパートナーにうつしてしまうことも珍しくありません。

おまけに、口唇ヘルペスの原因である1型のヘルペスウイルスを持っている人のオーラルセックスにより、性器ヘルペスを引き起こしてしまうこともあるので注意しましょう。
薬を飲めば症状は治まりますが、ウイルスを体外に出すことはできません。
性行為や女性の場合は生理などの刺激で再発しやすいと言うのが特徴です。

ヘルペスは性行為を主な感染源とするので、性病というイメージがあります。
確かに、性行為でうつる病気なのですが、それがすべてではありません。
薬の効果は飲めば感じることができますが、完治したとは思わないようにして、再発に備える必要です。

自分がヘルペスであるということに気づかないまま感染を広げてしまうこともあるので、性行為の際は直接体液に触れないようにコンドームの装着をしましょう。
口唇ヘルペスから性器ヘルペスへの可能性もあるので、オーラルセックスはできる限り避けた方が安心で、もし行う際はコンドームを使うようにします。

関連記事
性感染症であるクラミジアの症状と原因

クラミジアは細菌のクラミジア・トラコマチスが原因となり感染する性感染症です。感染の原因は性行為などの粘膜の直接的な接触で空気感染することはありません。症状は男女で異なり、男性の場合は性器から尿道へ感染するため、膿のような分泌物が出たり、排尿時の痛みを感じたりします。また、尿道のかゆみや違和感・不快感

2019年10月15日
エイズとHIVは違う?

エイズやHIVは混同する人が非常に多いと言えます。確かに原因となるウイルスは同一であるため、時系列で見れば同一線上にあることは間違いありませんが、厳密に言うと両方の病気は異なっているのです。正しい知識を有していないがために、仮に感染しても適切な処置をするまでの時間が遅れてしまい、死亡の転帰を辿ること

2019年09月18日
性行為をしなくてもカンジダになることがある?

カンジダ症という病気を知っていますか?カンジダ菌が増えることによって様々な身体の部位に不快な症状が出る病気です。カンジダ菌は人間の身体にいる常在菌で、普段はとくに症状が出ることはありません。ですが、何らかの原因によってカンジダ菌が増殖すると炎症やかゆみなどを引き起こします。女性の外陰部に起こる「カン

2019年08月13日
カンジダ治療中に注意することがある?

カンジダは真菌というカビの一種によって引き起こされる病気です。女性のカンジダ膣炎は有名ですが、この菌は男女ともに関係なく口の中などに存在します。カンジダ膣炎は、カンジダ菌が膣内で繁殖した状態で、膣だけでなく外陰部のかゆみやおりものの変化など目に見えての変化が起こります。これらの症状があり、病気が疑わ

2019年08月30日
カンジダにはフルコナゾールが効く?

膣カンジダ症はカンジダ菌という真菌によって炎症が起きている状態です。この菌は健康な人の皮膚や粘膜などにも常在しています。何らかの原因で膣内にカンジダ菌が異常に増えると膣カンジダ症となります。この病気は一旦治癒してもホルモンバランスが崩れたり免疫力が低下したりすると再発する可能性が存在します。体内の常

2019年07月27日
カンジダには市販の漢方薬がおすすめ

性病の中でもカンジダは発症するケースが多いです。強烈な痒みと女性ですとカッテージチーズ状のおりものが出ることで感染していることに気づくことが多いのですが、その痒みは初めての方ですと本当にびっくりするぐらいのかゆさです。男性でもカンジダになるため同様に痒みを感じることもありますが、おりものはでませんの

2019年07月07日
病院でもらうカンジダ薬も市販薬も中身は同じ?

カンジダは常在菌ですので、免疫力が落ちてしまうことで誰もが発症する可能性があり、再発を繰り返すことも多いため、治療薬には病院でもらうものだけではなく市販薬もあります。しかし、ここで気になるのがこの二つの中身が同じなのか、ということでしょう。まずカンジダによく処方される薬の代表的なものは膣剤となってお

2019年06月26日